8/05/2018

強い陽射しから守る。

今年の夏の暑さはとても厳しく危険なほど。
快適な暮らしにするには、やはり気候に合わせた住空間が必要ですね。


我が家の南側の掃き出し窓は日中こうやってドレープを引いて、南側から入る強い陽射しを遮っています。

夕方になって、家族みんなが集まる時にはレースだけにして光を採り込みます。
少しでも昼間の強い太陽の光を受けるのを防ぐことによって、エアコンも効きやすく室温も保ってくれます。

 
 
 
2倍ヒダの目が詰まった少し厚めの布地にしているので、保温性もあります。アイヴォリー色なので
お部屋の中は暗くはありません。
 
 
 
 
 
また、外はどうでしょうか。
玄関から外に出た時、アスファルトの地面だと太陽の光を反射して眩しいのと、空気も熱くなり気温がさらに高くなってしまいます。
アスファルト部分をできるだけ減らし、土の部分も確保し木や植物を植えることで、ができたり水やりで与えた水分を保ち地面が熱くなるのを少しでも和らげる効果があります。
 
また、塀などで影を作ってあげるのも効果的ですね。いろいろと工夫と手間をかけてあげることで、家を守ってくれそうです。
 


店の周りにもできるだけ、植物を育てて影を作っています。
そんな風景を見ると気持ちもほっとします。
 

 
 
夕方にたっぷりと水をあげていると、影の部分の地面は日中でも水分を保っています。

 
 
 
店の前には水田があり、鮮やかなグリーンに癒されます。どうかこの風景がまだまだ続いてくれますように。
 
 
 
忙しい現代人。できるだけ手間がかからないようにしていることが、逆に違った形で困ったことになっているような。楽をすることばかりを追い求めるのではなく、今の暮らしと向き合って工夫しながら楽しめていけたらいいですね。
 
 

 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿